夏休みキッズプログラミング・ロボットプログラミング体験会

The following two tabs change content below.
iClub 代表 工藤洋輔
2012年の春よりシニア向けスマホ・タブレット講座、同年夏よりビジネス向けITセミナーを各地で開催し、2015年2月からはキッズプログラミング講座も開始。現在は自社教室のみならず、放課後等デイサービスや医進系予備校等でも講師、中小企業様向けITアドバイザーやコンサルタントを務めている。(福岡県商工会連合会エキスパート登録者 兼 中小企業庁ミラサポ専門家)2017年度より商工会の経営改善専門相談員(ICT担当)
13925953_1038544582931723_1577040789375545781_o

7月30・31日と土日に渡って、リビング福岡と福岡東部オーガニックフェアのイベントにて、キッズプログラミング・ロボットプログラミング体験会を実施して参りました☆

どちらも始めは午前だけの話でしたが、予想以上のお申込みとご期待により、午後も連続で実施する流れに。両日午前午後共に大盛況に終わり、感謝感謝の二日間でした。

体験会後には、保護者の方や関係者の方と名刺交換&意見交換。やはり気にされているのは、「2020年からの小中学校での必修化」と「プログラミング教育の必要性」についてでした。
前者は文科省の有識者会議が開かれたとか、でも現場(小中学校の先生方)は猛反発とか、だったら外部に委託するとか色々耳にしますが、個人的にはそんな喧々諤々を客観的に見ております。(大人達の理屈よりも、子供達のやる気にウエイトを置いてます)

実は昨年7月百道教室で、「2020年対策としてプログラミングを!」って謳った事があるんですよ。ただ、その後謳うのをやめました。月・水・金・土と毎週子供達と接する中で、子供達はそんな事よりもまず興味(楽しさ)ありきで来ているのが見えて来たからです。

勿論保護者に対しては、この謳い文句は有効でしょう。現に今年に入ってから多くの学習塾やパソコン教室が、この謳い文句でプログラミングの授業を始められております。
ただ、やはり主体は子供達ですので、本人が自らの意思でやってみたい!と思われる事が第一条件のような気がします☆
そしてプログラミング教育の是非は、賛成も反対も色んな意見を聞いてみて(読んでみて)判断されてみてはいかがでしょう(*^ ^*)

http://uxmilk.jp/46084

http://www.sankei.com/col…/news/160801/clm1608010006-n1.html

まぁ、あまり難しく考えなさるな☆
iClubとしては、子供達が楽しみながらITを学べる環境づくりの一助となれれば幸いです(*^o^*)

ABOUTこの記事をかいた人

iClub 代表 工藤洋輔

2012年の春よりシニア向けスマホ・タブレット講座、同年夏よりビジネス向けITセミナーを各地で開催し、2015年2月からはキッズプログラミング講座も開始。現在は自社教室のみならず、放課後等デイサービスや医進系予備校等でも講師、中小企業様向けITアドバイザーやコンサルタントを務めている。(福岡県商工会連合会エキスパート登録者 兼 中小企業庁ミラサポ専門家)2017年度より商工会の経営改善専門相談員(ICT担当)