アクティブ・ラーニングの定義は?

The following two tabs change content below.
iClub 代表 工藤洋輔
2012年の春よりシニア向けスマホ・タブレット講座、同年夏よりビジネス向けITセミナーを各地で開催し、2015年2月からはキッズプログラミング講座も開始。現在は自社教室のみならず、放課後等デイサービスや医進系予備校等でも講師、中小企業様向けITアドバイザーやコンサルタントを務めている。(福岡県商工会連合会エキスパート登録者 兼 中小企業庁ミラサポ専門家)

15493831_1172390156213831_8336221458179672383_o最近色んな教育関係者とお会いする度に、アクティブ・ラーニング(以下、AL)の定義について話題になります。
Amazonで検索すると、特に今年後半に入ってから関連本が続出。プログラミング教育関連本に負けず劣らずの発刊ペース。

何冊か読んでみましたが、頭ゴチャゴチャなるよねw

私の教室では我流のAL取り入れてますが、学者肌の人からは「違う!」と言われるかな?
とりあえず学者さんに認めてもらうためのALではなく、子供達が活き活きするためのALを目指そうと思ってます

写真は、私が毎週実施している放課後等デイサービスでの様子。ALは子供達だけでなく、スタッフも一緒に「学び合い」です♪(*^o^*)

ABOUTこの記事をかいた人

iClub 代表 工藤洋輔

2012年の春よりシニア向けスマホ・タブレット講座、同年夏よりビジネス向けITセミナーを各地で開催し、2015年2月からはキッズプログラミング講座も開始。現在は自社教室のみならず、放課後等デイサービスや医進系予備校等でも講師、中小企業様向けITアドバイザーやコンサルタントを務めている。(福岡県商工会連合会エキスパート登録者 兼 中小企業庁ミラサポ専門家)