キッズプログラミングの受験システム

The following two tabs change content below.
iClub 代表 工藤洋輔
2012年の春よりシニア向けスマホ・タブレット講座、同年夏よりビジネス向けITセミナーを各地で開催し、2015年1月からはキッズプログラミング講座も開始。現在は自社教室のみならず、放課後等デイサービスや医進系予備校等でも講師、中小企業様向けITアドバイザーやコンサルタントを務めている。(福岡県商工会連合会エキスパート登録者 兼 中小企業庁ミラサポ専門家)
IMG_6225

先週の金曜、百道教室での初のキッズプログラミング生徒さんが初級編を終え、理解度テストを行いました☆

キッズプログラミングをただイベント的に行うのではなく、継続して学んで定期的に理解度を”見える化”するためにはどのようなやり方がいいのか。その方法を、iClubのブレーンでもあるリーンシステム様と話し合ってきた結果、

・私が問題を作り
・リーンシステム様がその受験ツールを作る

という形で、iClubのScratch式受験システムを開発いたしました!
その初受験が行われたのですが、さて結果は…

私も彼がどこまでアルゴリズムを理解しているのかドキドキでしたが、解答データを見て安心しました(*^ ^*)

K.M君、引き続き中級編も楽習(楽しく習得)しよう!(≧∇≦)

ABOUTこの記事をかいた人

iClub 代表 工藤洋輔

2012年の春よりシニア向けスマホ・タブレット講座、同年夏よりビジネス向けITセミナーを各地で開催し、2015年1月からはキッズプログラミング講座も開始。現在は自社教室のみならず、放課後等デイサービスや医進系予備校等でも講師、中小企業様向けITアドバイザーやコンサルタントを務めている。(福岡県商工会連合会エキスパート登録者 兼 中小企業庁ミラサポ専門家)