iClubにとってキッズプログラミングとは

The following two tabs change content below.
iClub 代表 工藤洋輔
【ICT教育アドバイザー兼コンサルタント】内閣府 知財創造教育 地域コンソーシアム委員・福岡県商工会 経営改善専門相談員(ICT)・福岡県商工会 エキスパート登録者(ICT)・中小企業庁 ミラサポ専門家・ICTスクールiClub/PCNももち・大分 代表【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス・福岡県内各商工会他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・情報誌「リビング福岡」他多数

12747369_925488544237328_7963971083944617152_o【答えは一つじゃない】

「仮説と検証を繰り返し、自分なりの答えを見つける。」

大人になると当り前のようにコレを求められるけど、子供の頃からコレをやってもいいじゃない☆(そう、楽しみながらできるのなら♪)

「”答え”は、親や先生から与えられるもの?」

一時期はそうでも、ずっとそれに依存してると成長できなくなる。だから、大人の役目も時々見直しを(*^ ^*)

キッズプログラミングを単なるブームで終わらせたくないため、『プログラミングの習得が目的ではなく、プログラミングを学んで自分の人生でどう活かすのか』を来月佐賀でもお話して参ります。(iClubキッズは、プログラマー養成講座ではありません)

(詳細はこちら↓)
http://oyamokomo.com/?p=1960

実は私も、今の生徒達と同じように小学生の時に初めてプログラミングを経験しました。(MSXというパソコンでBASICでした)
中学・高校時代はプログラミングから遠ざかっていましたが、社会人1年目でSEを経験。ただ、「手段」に憧れ「目的」を持っていなかったため、途中でその道を外れ…(続きは当日!)

2020年からの新・大学入試制度対策というのも一つの要素ではありますが、個人的には【そのもっと先にある何か】を見つけてほしいと思います。

子ども達にはITのみならず、英語や読書やスポーツなど色々体験してもらって、【自分が夢中になれるもの】を早く見つけられる環境を提供したいというのが一親(いちおや)としての本音。

キッズプログラミングは、その要素の一つなのです☆

ABOUTこの記事をかいた人

iClub 代表 工藤洋輔

【ICT教育アドバイザー兼コンサルタント】内閣府 知財創造教育 地域コンソーシアム委員・福岡県商工会 経営改善専門相談員(ICT)・福岡県商工会 エキスパート登録者(ICT)・中小企業庁 ミラサポ専門家・ICTスクールiClub/PCNももち・大分 代表【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス・福岡県内各商工会他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・情報誌「リビング福岡」他多数