あばれはっちゃく的な個性や感性

The following two tabs change content below.
iClub 代表 工藤洋輔
2012年春、シニア向けスマホ・タブレット教室開始。同年夏、ビジネスITセミナーを各地で開催し、その数は200本超。(2017年2月現在)2015年2月、キッズプログラミング教室開始。同年7月から福岡市早良区百道、2016年6月からは早良区高取に固定教室を開校。2017年4月、2年間の商工会エキスパート登録者の実績(中小企業に対するICT活用支援)が認められ、福岡県で唯一の経営改善専門相談員(ICT担当)に任命。教室運営と並行して、県内の中小企業向けICT活用支援を行なっている。【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・リビング福岡他多数

13923640_1047722572013924_5363198576821974566_o子供の頃の夏休み定番ドラマ、あばれはっちゃく。(覚えてる人少ないだろうなぁ)

「父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ」でお馴染みの東野英心さん。
俳優業の傍ら、子ども達の感性教育にも力を入れられていたようで、亡くなる直前まで講演会も行なっていたとの事。

私自身がこんな仕事をしながらも「英才教育」とか「エリート教育」という言葉に違和感を感じる性格で(誤解されてる方も多いが、IT教育やプログラミング教育はそれらではない→興味がある子供達全員に楽しむチャンスがあると思っている)、それと一見対極にあると思われがちな”あばれはっちゃく的”個性や感性は、引き続き子ども達に必要だと感じている。(むしろ現代はこちらが足りない…)

とは言え、努力や根性だけで生き抜ける時代ではなくなってきているのも事実。
このあたりのバランス(アナログとデジタルも)を伝えられる大人(講師も親も)が増えてくればいいなぁと思う今日この頃。

この夏休み、子どもも大人も”はっちゃけて”みませんか?(≧∇≦)

ABOUTこの記事をかいた人

iClub 代表 工藤洋輔

2012年春、シニア向けスマホ・タブレット教室開始。同年夏、ビジネスITセミナーを各地で開催し、その数は200本超。(2017年2月現在)2015年2月、キッズプログラミング教室開始。同年7月から福岡市早良区百道、2016年6月からは早良区高取に固定教室を開校。2017年4月、2年間の商工会エキスパート登録者の実績(中小企業に対するICT活用支援)が認められ、福岡県で唯一の経営改善専門相談員(ICT担当)に任命。教室運営と並行して、県内の中小企業向けICT活用支援を行なっている。【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・リビング福岡他多数