大分県教育情報化推進プラン2016

The following two tabs change content below.
iClub 代表 工藤洋輔
2012年春、シニア向けスマホ・タブレット教室開始。同年夏、ビジネスITセミナーを各地で開催し、その数は200本超。(2017年2月現在)2015年2月、キッズプログラミング教室開始。同年7月から福岡市早良区百道、2016年6月からは早良区高取に固定教室を開校。2017年4月、2年間の商工会エキスパート登録者の実績(中小企業に対するICT活用支援)が認められ、福岡県で唯一の経営改善専門相談員(ICT担当)に任命。教室運営と並行して、県内の中小企業向けICT活用支援を行なっている。【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・リビング福岡他多数

15068973_1142167142569466_1126085575658188144_o先日「大分県教育情報化推進プラン2016」の関係で上野丘高校に行って参りました。
約25年ぶりの母校、校内はあまり変わっておらず職員室の場所やその前の廊下など懐かしい事しきり…

それはさておき、授業は地理、テーマは観光(インバウンドorアウトバウンド)。各班が旅行代理店を立ち上げたと仮定して、大分県の魅力をiPadでプレゼンするまでの流れでした。

社会人になると(特に私のような職種は)当り前のように行うプレゼンを高校生達が行う。微笑ましく観てましたが、おっとそれは今回の目的じゃない(笑)終了後の関係者との意見交換も重要でした。

課題点もありましたが、私としては大分県がこのような形でICT教育を進めているのは嬉しくもありました。(ICTは手段なので目的ではない事を前提に)

福岡がこの分野にあまり力を入れていないのは残念ですが、民間は民間で進めていこうと思います。(藤崎教室には電子黒板もPCもタブレットもドローンも3Dプリンタもあるよ!)

大分県教育庁の皆さん、上野丘高校の教頭をはじめ先生の方々、ありがとうございました!

#母校がSGHになっててビックリ

ABOUTこの記事をかいた人

iClub 代表 工藤洋輔

2012年春、シニア向けスマホ・タブレット教室開始。同年夏、ビジネスITセミナーを各地で開催し、その数は200本超。(2017年2月現在)2015年2月、キッズプログラミング教室開始。同年7月から福岡市早良区百道、2016年6月からは早良区高取に固定教室を開校。2017年4月、2年間の商工会エキスパート登録者の実績(中小企業に対するICT活用支援)が認められ、福岡県で唯一の経営改善専門相談員(ICT担当)に任命。教室運営と並行して、県内の中小企業向けICT活用支援を行なっている。【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・リビング福岡他多数