長崎でキッズプログラミング&フィンランドの教育

The following two tabs change content below.
iClub 代表 工藤洋輔
2012年春、シニア向けスマホ・タブレット教室開始。同年夏、ビジネスITセミナーを各地で開催し、その数は200本超。(2017年2月現在)2015年2月、キッズプログラミング教室開始。同年7月から福岡市早良区百道、2016年6月からは早良区高取に固定教室を開校。2017年4月、2年間の商工会エキスパート登録者の実績(中小企業に対するICT活用支援)が認められ、福岡県で唯一の経営改善専門相談員(ICT担当)に任命。教室運営と並行して、県内の中小企業向けICT活用支援を行なっている。【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・リビング福岡他多数

15202654_1150338685085645_536616302842880507_nおはようございます。
昨日は、ご縁あって長崎でキッズプログラミング講座を開催いたしました☆
福岡で行っている複数カリキュラムのうち3カリキュラムを実施。やはり長崎でも、授業が終わってもなかなか皆さん手が止まらないという嬉しい延長(≧∇≦)
福岡でもそうですが、生徒達は勉強という感覚がなく、遊びの延長で学べる点がいいですね♪

保護者の方から、「途中から先生の言うことをそっちのけで自分で色々試してスイマセン」と言われましたが、それがいいのです! 全く違うことを始めたら修正はしますが、この2年間それはあまり無く、皆「これをこう変更したらどう動くだろう」という”知りたい”気持ちにかられて色々試します。講師が促さなくても「仮説と検証」を実践しているのです。

最近教育関係者の方々と「押し付けでない教育」についてよくお話しますが、このフィンランドの教育はある意味凄いです↓(日本では難しい?)

子供達を信じて、講師の役割というものを改めて考えさせられる今日この頃であります☆

ABOUTこの記事をかいた人

iClub 代表 工藤洋輔

2012年春、シニア向けスマホ・タブレット教室開始。同年夏、ビジネスITセミナーを各地で開催し、その数は200本超。(2017年2月現在)2015年2月、キッズプログラミング教室開始。同年7月から福岡市早良区百道、2016年6月からは早良区高取に固定教室を開校。2017年4月、2年間の商工会エキスパート登録者の実績(中小企業に対するICT活用支援)が認められ、福岡県で唯一の経営改善専門相談員(ICT担当)に任命。教室運営と並行して、県内の中小企業向けICT活用支援を行なっている。【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・リビング福岡他多数