今週は久々のボール型ロボットプログラミング

The following two tabs change content below.
ICTスクールiClub 代表 工藤洋輔
【ICT教育アドバイザー兼コンサルタント】知財創造教育 地域コンソーシアム委員/福岡県中小企業団体中央会 専門家(ICT)/福岡県商工会 経営改善専門相談員(ICT)/福岡県商工会 エキスパート登録者(ICT)/中小企業庁 ミラサポ専門家/ICTスクールiClub/PCNももち,大分 代表【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合/生活協同組合コープおおいた/天神イムズ/予備校/放課後等デイサービス/県内各商工会他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」/KBC「アサデス。」「サワダデース」/RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」/TVQ「ルックアップ福岡」/情報誌「リビング福岡」他多数

なぜロボットプログラミングなの?

一昨年からiClubで採用しているボール型ロボットプログラミングですが、年明けから新規生徒さんも増えたため久々に実施しました☆
画面の中のプログラミングも楽しいのですが、画面の外の物を動かすとなるとまたちょっと違った要素が入るので、難しくもあり楽しくもあり♪

ロボットプログラミングと言えばLEGOのように形を組み立ててからのプログラミングもありますが(WeDo2.0は当校でも扱っております)、このボール型ロボットはいきなり実践に入ります。ボールゆえの手軽さ・敷居の低さが特徴です。
第1回目は必ず「慣性の法則」をプログラミングとセットで楽習します。動く方向に引っ張られる力、それをどう操るか…もう画面の中のプログラミングだけでは解決できない課題が生まれてくるのです(≧∇≦)

またロボットプログラミングだとアクティブ・ラーニングが自然と起こるのが醍醐味です! 勿論最初は自分の事で一杯一杯の生徒さんも居ますが、余裕が出てきた人はまだ出来ていないお友達に自然と教えるように。アクティブ・ラーニングの定義は色々あるようですが、少なくとも当校では講師が強要しなくてもいいようです(*^^*)

外部講師でもよく利用しているこのボール型ロボットプログラミング。是非皆さんの教室・スクールでもお試しください☆

ABOUTこの記事をかいた人

ICTスクールiClub 代表 工藤洋輔

【ICT教育アドバイザー兼コンサルタント】知財創造教育 地域コンソーシアム委員/福岡県中小企業団体中央会 専門家(ICT)/福岡県商工会 経営改善専門相談員(ICT)/福岡県商工会 エキスパート登録者(ICT)/中小企業庁 ミラサポ専門家/ICTスクールiClub/PCNももち,大分 代表【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合/生活協同組合コープおおいた/天神イムズ/予備校/放課後等デイサービス/県内各商工会他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」/KBC「アサデス。」「サワダデース」/RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」/TVQ「ルックアップ福岡」/情報誌「リビング福岡」他多数