夏一番!親子でキッズプログラミング体験会 in さくらインターネット福岡

The following two tabs change content below.
iClub 代表 工藤洋輔
2012年春、シニア向けスマホ・タブレット教室開始。同年夏、ビジネスITセミナーを各地で開催し、その数は200本超。(2017年2月現在)2015年2月、キッズプログラミング教室開始。同年7月から福岡市早良区百道、2016年6月からは早良区高取に固定教室を開校。2017年4月、2年間の商工会エキスパート登録者の実績(中小企業に対するICT活用支援)が認められ、福岡県で唯一の経営改善専門相談員(ICT担当)に任命。教室運営と並行して、県内の中小企業向けICT活用支援を行なっている。【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・リビング福岡他多数

夏休み始まってすぐの7月23日、福岡市中央区赤坂のさくらインターネット福岡オフィスにて、親子でキッズプログラミング体験会を開催いたしました!

ホームページとFacebookでしか告知していなかったのですが、おかげさまで満員御礼。2年半前に教室を始めた頃はイベントを立てても一気に集まることは無かったのですが、これもまた2020年必修化の影響でしょうか?
とは言え、iClub&PCN福岡・ももちとしては「楽しんでこそ脳が喜ぶ♪」をモットーに、自分たちが楽しめて子供達も楽しめるカリキュラムに注力して毎週の授業&イベントを行なっております。今回も、その一つを親子で体験して頂くのが最大の目的でした☆

さて当日、猛暑の昼下がりに参加者親子の方々、PCN福岡の野馬さん、そして講師養成講座受講生の大人達も(サポーターとして)集まりスタート。今回のテーマが、

「ビジュアルプログラミング(KOOV)とテキストプログラミング(IchigoJam)を同時に学ぶ」

ということで、共にアプローチは違いながらも同じ目的(ロボカーを仮説と検証で走らせる)で体験して頂きました。

前半:SONYのKOOVでロボットプログラミング

KOOVはそのブロックこそアーテック社のものを(半透明化して)採用していますが、コアの部分やアプリはSONY独自のもので作り直しており、ポップな感じが(セットが高額という点を除いて)とっつきやすいのが特徴です。
思うにKOOVは自宅等での独学用に作られており、特に講師が居なくてもアプリが説明する手順どおりに従っていけば一通りのプログラミング学習になります。ただ、私としては一人でやるより皆んなでワイワイガヤガヤやったほうが楽しいと思ったので、今回は8セット用意してワイガヤ・アクティブラーニング(笑)

センサーの数値で衝突回避&車停止プログラミング

アーテックのもそうですが、赤外線センサーや光センサーがあるので、今回は衝突回避と照度を利用した車コントロール・ミッションを独自に作り込んでみました。(KOOVアプリの標準カリキュラムは、今回の体験会の内容と合わなかったため)
センサーが拾ってくる数値をビジュアルプログラムの中で判定させ、動きを制御する…いきなりにしては難しかったかな? でも皆さん、あれやこれやとトライ・アンド・エラーを繰り返しながらほぼ達成できました!

後半:IchigoJamでロボットプログラミング

同じく車ロボットの制御ですが、PCNももち(iClub)の通常授業でも最近使い始めたIchigoChoco(イチゴチョコ)を併用したカリキュラムを実施。休憩を挟んでいきなり机の上に置かれたキーボードとミニモニター、そして小さな基盤(IchigoChocoの上に乗ってるIchigoJam)を目の当たりにし、「え、KOOVより難しそう…」と引かれると思いきや、子供達皆ガンガン食いついて来られました(≧∇≦)

ここでいきなりロボット制御に入る前に、IchigoJamの準備体操としてあるプチカリキュラムを実施。これが有ると無いとでその後の流れが変わってくる(有ったほうがスムーズ)と思っていたのですが、見事にハマりました☆ ダチョウ倶楽部で言うところの、「つかみはオッケー!」という表現がピッタリかも知れません(ふ、古い…(^ ^;)

そして車ロボットのコントロール(プログラミング)へ

IchigoChocoは、まだ教材として出来たてホヤホヤゆえ、不完全なところがあります。プログラムで真っ直ぐ前進!と命令してみても、地面の材質やモーターバランス等で完全に真っ直ぐ行かないのです。しかしこれが良かった! 個体それぞれのクセ(参加者一人ひとりのIchigoChocoが前進コマンド走らせても若干右曲がりだったり左曲がりだったり)を意識することで、

「自分のIchigoChoco(車)は右曲がりのクセがあるので、スタート時はちょっと左に向けてRUN(実行)しよう!」

と言った具合に、様々な仮説と検証が始まるのです。
勿論他にも、「右折時間を長く設定しすぎて自分のところに帰って来なかった…ならばそこの数値を半分にしてみよう」とか、「丸く回って戻ってくるのが難しそうなので、前進→直角→前進→直角→前進だけでミッションクリアしよう」と色々なアイデアが参加者の中に浮かんできて、それをプログラム(BASIC)で何度も書き直しては転送→検証を繰り返している様子は皆さん素晴らしかったですね!

今回特に印象的だったのが、イベント名に「親子で」と付けたこともあり、保護者の方も真剣に一緒になってプログラミングを楽しまれていた点♪
以前別イベントで、体験は子供だけにさせて親は終始スマホを弄ってるという光景を目にしたのですが、今回はそれが無かったのが大変嬉しかったです(^o^)

参加者の方々、サポーターの皆さん、そしてさくらインターネットのスタッフに改めてお礼申し上げます!
体験会終了後に、参加者ほぼ全員から「この続きは無いのですか?」と質問を頂きました。ありがとうございます。8月後半に企画してみますので、詳細が決まりましたらまたご連絡させて頂きます(≧∇≦)

追記:早速この内容を、夏休み中に実施してほしいと粕屋と新宮の学習塾様からご依頼がありました。こちらも詳細が決まりましたら告知させて頂きます。

ABOUTこの記事をかいた人

iClub 代表 工藤洋輔

2012年春、シニア向けスマホ・タブレット教室開始。同年夏、ビジネスITセミナーを各地で開催し、その数は200本超。(2017年2月現在)2015年2月、キッズプログラミング教室開始。同年7月から福岡市早良区百道、2016年6月からは早良区高取に固定教室を開校。2017年4月、2年間の商工会エキスパート登録者の実績(中小企業に対するICT活用支援)が認められ、福岡県で唯一の経営改善専門相談員(ICT担当)に任命。教室運営と並行して、県内の中小企業向けICT活用支援を行なっている。【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・リビング福岡他多数