親子でキッズプログラミング体験会 in 粕屋町

The following two tabs change content below.
iClub 代表 工藤洋輔
2012年春、シニア向けスマホ・タブレット教室開始。同年夏、ビジネスITセミナーを各地で開催し、その数は200本超。(2017年2月現在)2015年2月、キッズプログラミング教室開始。同年7月から福岡市早良区百道、2016年6月からは早良区高取に固定教室を開校。2017年4月、2年間の商工会エキスパート登録者の実績(中小企業に対するICT活用支援)が認められ、福岡県で唯一の経営改善専門相談員(ICT担当)に任命。教室運営と並行して、県内の中小企業向けICT活用支援を行なっている。【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・リビング福岡他多数

この夏休みは、色んな地域からキッズプログラミング体験会のご要望を頂いております。
8月23日は粕屋町で親子体験会を実施して参りました。こちらも多くの親子にご参加頂き(満員御礼)感謝です!

親子でプログラミング体験会をする意義

前回も前々回もそうでしたが、なぜ夏休みは「親子で体験」にこだわるのか? それは、良くも悪くも言葉がひとり歩きしている「プログラミング教育」について保護者の方にもご理解頂くため。そして、親子で体験する事でお子さんの思考力について見て頂くためです。(いや、逆に保護者の思考力をお子さんが見ているかも(≧∇≦))

お受験のペーパーテストと違って正解が一つではないプログラミング。「間違ったら怒られる」ではなく、「間違うことでどんどん正解に近づく」プログラミング。ゆえに、親子一緒に仮説・検証を繰り返すことで「間違うことをおそれなくて良い」という共通認識を持って頂くことに主軸を置いてます。

今回もまた、誰一人子供任せ・親任せではなく、一緒になって頭に汗をかいてる様子があちこちで見られました。素晴らしい!!
今回の粕屋町については、弊社講師養成講座の受講生である村井さんによる主催でございました。次回は是非村井さん講師で☆(勿論応援いきますよ!)

村井さん、そして粕屋町の皆さん、ありがとうございました! またお会いいたしましょう(^o^)/

ABOUTこの記事をかいた人

iClub 代表 工藤洋輔

2012年春、シニア向けスマホ・タブレット教室開始。同年夏、ビジネスITセミナーを各地で開催し、その数は200本超。(2017年2月現在)2015年2月、キッズプログラミング教室開始。同年7月から福岡市早良区百道、2016年6月からは早良区高取に固定教室を開校。2017年4月、2年間の商工会エキスパート登録者の実績(中小企業に対するICT活用支援)が認められ、福岡県で唯一の経営改善専門相談員(ICT担当)に任命。教室運営と並行して、県内の中小企業向けICT活用支援を行なっている。【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合・生活協同組合コープおおいた・天神イムズ・医進系予備校・放課後等デイサービス他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」・KBC「アサデス。」「サワダデース」・RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」・リビング福岡他多数