センサー制御プログラミング(昨年の土壌湿度センサーに続いて)

The following two tabs change content below.
ICTスクールiClub 代表 工藤洋輔
【ICT教育アドバイザー兼コンサルタント】知財創造教育 地域コンソーシアム委員/福岡県中小企業団体中央会 専門家(ICT)/福岡県商工会連合会 経営改善専門相談員(ICT)/福岡県商工会連合会 エキスパート登録者(ICT)/福岡商工会議所 専門家登録者(ICT)/中小企業庁 ミラサポ専門家/ICTスクールiClub/PCNももち,大分 代表【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合/生活協同組合コープおおいた/天神イムズ/予備校/放課後等デイサービス/県内各商工会他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」/KBC「アサデス。」「サワダデース」/RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」/TVQ「ルックアップ福岡」/情報誌「リビング福岡」他多数

通常授業の中に、人感センサーを取り入れてみました☆
昨年の土壌湿度センサープログラミングよりもう少し簡単かな? 小学校低学年でもそんなに難しくないと判断したので、昨日は6人で実施。始めは皆んな「こんな小さな板で何が出来るんだろう?」という顔をしてましたが、たった3行の簡単なプログラムを作って実行してみると、

・人の動きを感知したら数字の「1」を画面に表示
・人の動きが無くなったら数字の「0」を表示

を確認する事で、皆なるほど納得☆

私「センサーがIchigoJamに送ってきた、この1や0の事を戻り値とか返り値って言うんだよ。」
生徒「侍が言った、成敗してくれるわ〜!」
私「…。」
生徒「だってカエリチを浴びるんでしょ?」
私「それは『返り血』やっ!」

というボケとツッコミも成立したセンサー制御プログラミング。今週は全クラスでこれを実施して、来週はこれを使った発想編に繋げます♪
先日のエフコープ太宰府店でのキッズプログラミング体験会でも話したけど、先生は皆んなの答えは用意しません。

皆んなの中から答えを引っ張り出します(*^ ^*)

ABOUTこの記事をかいた人

ICTスクールiClub 代表 工藤洋輔

【ICT教育アドバイザー兼コンサルタント】知財創造教育 地域コンソーシアム委員/福岡県中小企業団体中央会 専門家(ICT)/福岡県商工会連合会 経営改善専門相談員(ICT)/福岡県商工会連合会 エキスパート登録者(ICT)/福岡商工会議所 専門家登録者(ICT)/中小企業庁 ミラサポ専門家/ICTスクールiClub/PCNももち,大分 代表【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合/生活協同組合コープおおいた/天神イムズ/予備校/放課後等デイサービス/県内各商工会他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」/KBC「アサデス。」「サワダデース」/RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」/TVQ「ルックアップ福岡」/情報誌「リビング福岡」他多数