夏休み最後の百道イベントは、新・大学入試制度特集

The following two tabs change content below.
ICTスクールiClub 代表 工藤洋輔
【ICT教育アドバイザー兼コンサルタント】知財創造教育 地域コンソーシアム委員/福岡県中小企業団体中央会 専門家(ICT)/福岡県商工会連合会 経営改善専門相談員(ICT)/福岡県商工会連合会 エキスパート登録者(ICT)/福岡商工会議所 専門家登録者(ICT)/中小企業庁 ミラサポ専門家/ICTスクールiClub/PCNももち,大分 代表【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合/生活協同組合コープおおいた/天神イムズ/予備校/放課後等デイサービス/県内各商工会他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」/KBC「アサデス。」「サワダデース」/RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」/TVQ「ルックアップ福岡」/情報誌「リビング福岡」他多数
JPEG-image-0B1A20CE8041-1

盆ジュール(おはようございます)!
皆さんお盆休みいかがお過ごしですか?(*^ ^*)

この夏休み、講師依頼で一番多いのがやはりキッズプログラミング。百道教室でも月・水・金と行なっておりますが、教室外からのご要望も多く、教育に意識の高い親御様からも

「詳しい事はわからないけど概要を知りたい!」

という声を頂いております。
確かに6月の読売新聞記事(リクルートライフスタイル調査)では、「小学生の子供に習わせたい習い事」の第7位にランクインしたキッズプログラミング。福岡でも来年IT系学童保育・スクールが開校するなど更に盛り上がりを見せそうです。

しかし、個人的にはこれを単なるブームにするのは勿体無いと思います。私が小学4年生の時に初めてプログラミングを学んだ時はまだまだでしたが、今の子供達がこれを学ぶ意味と意義は充分にあると感じています。その理由を、今月末の百道イベントで明らかにしたいと思います↓

https://www.facebook.com/events/933050593402804/

ITも英語と同じように、一つのツールにすぎません。要は『これを使って何をするか』が重要です☆
今後各地で、キッズプログラミング教室は雨後の筍状態になると思われますが、ブームではなく是非”その本質”を知って頂ければと思います。

皆様のご参加を、心からお待ちしております!(*^o^*)

ABOUTこの記事をかいた人

ICTスクールiClub 代表 工藤洋輔

【ICT教育アドバイザー兼コンサルタント】知財創造教育 地域コンソーシアム委員/福岡県中小企業団体中央会 専門家(ICT)/福岡県商工会連合会 経営改善専門相談員(ICT)/福岡県商工会連合会 エキスパート登録者(ICT)/福岡商工会議所 専門家登録者(ICT)/中小企業庁 ミラサポ専門家/ICTスクールiClub/PCNももち,大分 代表【研修講師実績・顧問先企業】エフコープ生活協同組合/生活協同組合コープおおいた/天神イムズ/予備校/放課後等デイサービス/県内各商工会他多数【メディア出演】「ジャパネットたかた」/KBC「アサデス。」「サワダデース」/RKB「今日感テレビ」「今日感ニュース」/TVQ「ルックアップ福岡」/情報誌「リビング福岡」他多数